性と愛の研究室 - きゃらめる民族 -

~リア充を目指すサイトです。~

おすすめの記事

FeedWind

タトゥ(刺青)を消す女たち〜2012夏〜後編




 前回は、
『タトゥ(刺青)を消す女たち〜2012夏〜前編』
でした。

 タトゥを消したい理由は、人それぞれのようです。

 結婚や就職、子供を持つ親であれば、子供への影響など・・・。

 ですが、一度入れたタトゥは、
簡単に消せるわけではなく、その際にはトラブルもあるようです。

 そこで今回は、『タトゥ(刺青)を消す女たち〜後編』です。










【シングルマザーの決意】




切除前・・・画像はCさんのケースではなく、イメージです




切除後・・・画像はCさんのケースではなく、イメージです


ケース3・・・Cさん(32歳)の場合

 22歳で結婚、そして出産した彼女は、
27歳の時に離婚した、シングルマザーだ。

 右腕には梵字(ぼんじ)、左腕にはアルファベットの文字が並ぶ。

 東日本大震災の後、Cさんはガレキ撤去のボランティアに参加した。
『ボランティアに参加しながらも、
タトゥのある人間が、ボランティアしていいのか?と自問自答しました。
 子供の事も考えて、私には、(タトゥは)必要ないって思ったんです』


 彼女のタトゥは、ぼんやりと薄い。
 皮膚科で、レーザー治療(除去)を受けたという。

『1回だけレーザーをやったんですけど、
消えそうになかったんで、切除する事に決めたんです』

とCさんは言った。

 専門家(医師)によると、
『レーザーで失敗するケースは、多いですね。
 色によっては、消えないんです』


 青や黒などの濃い色は、レーザーに反応するが、
カラフルな色など、色によっては、消えないのだという。

 レーザーによる除去は、まずレーザーによってインクの粒子を破壊し、
その後の皮膚の代謝によって、自然に消えるのを待つのだそうだ。

 ところが、国民生活センターには、
こうしたレーザー除去による、トラブルが報告されている。
『医療機関でないところで、レーザー除去を受けて、
トラブルに発展する苦情が、相次いでいます。
 ひどいケースになると、ヤケドのようになったり、
ケロイドみたいになっていました。
 さらに、化膿したケースもあります』



 そして、Cさんの手術の日がやってきた。
『昨夜は緊張で眠れませんでした』
 そう言って、手術が始まる。

 両腕にタトゥがあるため、2人の医師が手分けして、
左右の腕に同時に、手術を行った。

『左のアルファベットは1回で取れました。
 右(の梵字)も、2回で取れると思います』


 医師の言葉に、Cさんは言う。
『良かった。(全部取れたら)子供と一緒に、近所の温泉施設に行きたいです』



【タトゥの影響?】




旅行で疲れたりすると、急に高熱が出る?!
・・・画像はEさんではなく、イメージです



ケース4・・・Eさん(50代)の場合

 小生の周囲の女性には、タトゥを入れている人がいなかった。

 そこで、男性のケース。
 小生の知人Dさん(40代)が、外国旅行した時の話である。
 Dさんの旅行に同行したEさん(50代)は、全身に刺青が入っている人だったらしい。

 カジノで遊んでいると、Eさんが突然、体調を崩した。
 心配したDさんが声をかけると、
『もう原因は分かっているから、自分には、かまわないで下さい。
 寝ていれば、いいだけですから・・・』

 ということだった。

 帰る頃にはEさんの体調も良くなり、無事に帰国できたらしいが、
小生はDさんに聞いてみた。
 Dさんは言う。
『Eさん、全身に(刺青が)入っているから、
体調を崩すと、高熱が出るらしいんだ。
 時差もあったし、飛行機も久々だって言っていたから、長旅で疲れたのかもね。
 寝ていれば戻るらしいけど、食事するのも辛いらしくて、
見ていても、とにかく苦しそうだった』


 そういえば、以前読んだ本、
『極道の女たち』(家田荘子)に、
『全身への刺青をすると、それが原因と思われる高熱が出る・・・』というような、
そんな記述があったかもしれない。

 だが、例えば、
ワンポイントの小さなタトゥであっても、必ず高熱が出る!
というわけではないらしい。
 高熱が出るかどうかは、その人の体質もよるらしいが、
Eさんのように全身であれば、そうした高熱のリスクがあるらしい。

 Dさんによると、Eさんはこの高熱と、生涯、付き合っていくのだという。



 以上の事から、今回は、
『タトゥ(刺青)を消す女たち(後編)』
でした。

 タトゥ(刺青)を入れるかどうかは、個人の自由だと思います。

 が、後に後悔して切除すれば、当然の事ながら、傷が残ります。
 
 また、上記の高熱のリスクや、肝炎に感染するリスクもあるようでした。

 リアルな人生には、ゲームのように、便利なリセットボタンはありません。
 当たり前ですが・・・。



 <すすきタルン>


「タトゥ(刺青)を消す女たち〜2012夏〜後編」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
30代の半分がハンカチを持たない?!〜前編〜 (2012/07/13)
6億を貢がせた女の言い分〜中編〜 (2012/10/01)
脱法ハーブと薬物依存 (2012/01/23)




以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する


















 ライブチャット 素人  チャットレディで高収入  無修正  アダルトアフィリエイト

このブログを通報 | Report Abuse
出会い系サイトのモバイル