性と愛の研究室 - きゃらめる民族 -

~リア充を目指すサイトです。~

おすすめの記事

FeedWind

何もしない時間〜ダウンタイムのススメ!




 何もしない時間、
英語では『ダウンタイム』というそうです。

 今日で、8月も終わりです。
 皆さんに自覚が無くても、夏の疲れが、
体には溜まっているのではないでしょうか?

 疲れた時には、休息が必要です。

 そこで今回は、『何もしない時間』について考えてみました。









【パソコンもゲームもしない時間?!】




気分転換・・・充電時間・・・


『何もしない時間』とは、
パソコンもゲームもしない、携帯プレーヤーで音楽も聴かない、
スマホにも触らない、
そんな、『本当に何もしない時間』のことをいう。
 
 これまでの、多くの研究結果が示す通り、
こうした、いわゆる何もしない時間は、
『リフレッシュ(気分転換)』『リチャージ(元気を回復・充電)』になり、
人にとって、不可欠なのだとか・・・。

 例えば、こうした『何もしない時間』が、
静かにモノを考えたり、新しいアイデアを思いついたり、
忘れていた大事なことを思い出したり、という事につながるらしい。

 こうした『何もしない時間』とは、決してサボる事ではなく、
例えるなら、スイッチをオフにすると考えていいだろう。

 少しの間だけも、忙しい日常から離れることで、
その時間は『気分転換』になり、
『充電時間』にもなる、ということらしい。

 個人差はあると思うが、人間が集中できる時間は限られている。
 
 仕事でも勉強でも、乗り物の運転などでも、
一定の時間ごとに、休憩が必要なはずだ。



【携帯も鳴らない、ブログの更新も、SNSもしない?!】




スポーツジムで運動中のTVや音楽も、脳を疲れさせる・・・


 今や、誰でも持っている携帯(ガラケー)やスマホだが、
90年代の前半は、持っている人の方が少数派だった。

 だが現在では、お年寄りから子供まで、
携帯を持っていない人の方が、少数派である。

 先日も、たまに食事に行くとんかつ店の若旦那が、
こんな事を言っていた。
『自分も最近、スマホに変えたんです。
 でも、驚いたことに、2歳の子供にスマホを渡しておくと、
 画面に指をシュッ!とやって、遊んでいるんですよw』


 正確には、幼児がスマホを使いこなしているわけではないが、
少なくとも画面にタッチすることで、
その画面が変わることは、認識しているらしい。

 実は同様の事を、ニュースでも見かけたことがある。
 ベビーカーに乗った幼児が、オモチャ代わりに携帯で遊んでいた。

 こうした子供たちが成長すれば、ゲームソフトはもちろん、
携帯やスマホは、『子供の頃からあった、当たり前のもの』になるだろう。


 科学者によると、ちょっとした日常の隙間時間を、
デジタル機器に触れる事で、埋めてしまうと、
思わぬ副作用が潜んでいるという。
 
 つまり、脳が休むことなく働き続けることにより、
情報をより深く理解したり、記憶したり、
新しいアイデアを生むために必要な『何もしない時間(ダウンタイム)』が、
奪われている、というのだ。


 また、米国の某大学の研究によれば、
自然の中を散歩した後のほうが、都会の街中を散歩した後よりも、
人々の学習効率は、向上したという。
 これは、街中の情報量の多さによる、脳の疲労が関係しているらしい。

 都会の中では、数多くの情報を脳が処理することによって、
疲労してしまったことが、原因なのだとか。

 そういえば、『人酔い』という言葉を聞いたことがある。
 普段、街中に出向くことの機会の少ない人が、街中に行くと、
人や車、ビルや広告看板など、入ってくる情報が多すぎて、酔ってしまう。
 つまり、疲れてしまうらしい。

 逆に言えば、こうした『脳のダウンタイム』を意識的に取ることは、
学習効果や記憶力を向上させたり、
また、新しいアイデアを生み出すには、効果的なようだ。


 例えば、スポーツジムで走りながら、
備え付けのTVなどを見たりする人がいる。
 携帯プレーヤーで、音楽を聴く人もいるだろう。

 このような『隙間時間』に娯楽を楽しむことは、
一見すると、リフレッシュした気分になっているようだが、
実は、脳を疲労させているらしい。


 今後、『何もしない時間』は、意識して作らないと、
ますます、『作ることが出来ない時間』になってしまうかもしれない。



 以上の事から、今回は、『何もしない時間』についてでした。

 小生が海外を放浪していた時に、感じたことがありました。
 不思議なことに、訪れる国によって、時間の流れ方が違うのです。

 経済成長の著しいアジア諸国では、
早朝から、車のクラクションや排気ガス、
行き交う人々で、時間の経過が早く感じて、
忙しそうに思えました。

 また、南の島では、太陽と流れる雲、そして波の音だけが、
時間が止まっていない!ということを教えてくれました。
 それだけ、ゆっくりと時間が流れていたのです。

 もちろん、1時間は同じ1時間だし、1日は同じ1日、24時間でした。


 ですが、忙しい毎日だからこそ、
時には立ち止まってみる、というのも大切なかのかな?
と、個人的には思います。


 ところで、皆さんは最近、『何もしない時間』というのは、ありましたか?


 
 <すすきタルン>



「何もしない時間〜ダウンタイムのススメ!」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
見えないところのおしゃれ 〜下半身にできること〜 (2011/08/07)
自作のダッチワイフで遊んでみたww (2014/07/16)
30代の半分がハンカチを持たない?!(後編) (2012/07/16)




以下読者のみなさまの反応
  1. 1350:
  2. もじゃもじゃ
  3. 2012/09/01(土) 00:39:26 |
  4. URL |
  5. [ 編集]

いいこといいますねー。
ほんとインターネットにあやかる企業は無いにひとしいですが、
この世からすべてなくなるべきですね。

  1. 1353:
  2. 匿名希望でごめんね。
  3. 2012/09/02(日) 18:02:56 |
  4. URL |
  5. [ 編集]

寝るんじゃダメなの?

コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する


















 ライブチャット 素人  チャットレディで高収入  無修正  アダルトアフィリエイト

このブログを通報 | Report Abuse
出会い系サイトのモバイル