性と愛の研究室 - きゃらめる民族 -

~リア充を目指すサイトです。~

おすすめの記事

FeedWind

風俗嬢という仕事〜金銭感覚(後編)〜



 
 前回は
『風俗嬢という仕事〜金銭感覚(前編)〜』
という記事を書きました。

 そこには、風俗という仕事の飛び込み、
独特な世界の金銭感覚に染まる、女性たちの姿がありました。

 今回は、『風俗嬢の金銭感覚(後編)』です。









【おどおどした音大生が、店のトップクラスに?!】




人気嬢になると、性格まで明るくなる・・・(画像はイメージです)


 服装や髪形は地味で、いかにも現役の学生といった感じの、
垢抜けない地味な眼鏡をかけたD子(18歳)。
『この春、上京してきました』と、顔に書いてある感じだ。

『ちょっと前の取材に、音大生って正直に言ったんです。
 そうしたら、週刊誌に顔出しで出ちゃって。
 学校や親にバレたら、どうしよう?
 本当は、少しでも学費を稼ぎたいんです』


 不安そうな彼女に、アドバイスした。

『出身地はもちろん、血液型とか星座とか聞かれても、
こういう取材で、正直に答えたらダメだよ』


 内心では、こういう娘は、すぐに辞めちゃうだろうな?と思った。

 すると数か月後、眼鏡をコンタクトに変えたD子の姿が、
店のホームページのトップにあった。

 店で用意されたコスチュームは着ているものの、
髪の色や髪型はすっかり変わり、垢抜けている。
 化粧すらも、上手になっているようだ。
 
 後日、取材で店を訪れた時に、調子の良さそうなスタッフに言った。
『D子ちゃん、すぐに辞めちゃうかと思いましたが、続いてますね』

『あ〜D子ちゃんね。
 すぐに辞めちゃう娘も、多いですけどね。
 ああいう娘が、ハマると化けるんですよ。
 たしかに、最初は風俗バージン(未経験者)の、
田舎の娘って感じだったでしょ?
 でも、そういう素人っぽい娘の方が、
お客さんにはウケるんですよ。
 風俗を知らないような、おどおどした娘が、
ああやって、染まるんです。
 今じゃ、彼女の出勤日は、予約の取れないお客さんもいるんですよ。
 最近は、彼女もちょっと派手になってきましたけどね(笑)。
 でも、今のウチでは、指名本数はトップクラスです』


 そして、ちょうど出勤した彼女に、店でバッタリ会った。

『続いているみたいだね』
『あ〜、取材の人ですよね。あの時はどうも、ありがとうございました』

 最初に会った時とは、まるで別人のように明るく笑って、
店の奥に消えた。

 彼女もまた、前出
『風俗嬢という仕事〜金銭感覚(前編)〜』の、
C子ほどには派手ではないが、
当初の目的の学費よりも、
自分磨きを優先して、お金をかけているのだろうか?



【AV嬢としてスカウトされて・・・】




顔や体を整形してAVに・・・(画像はイメージです)


 風俗嬢として店で働いているときに、
AV嬢としてスカウトされた、E子(23歳)。
 彼女は顔や体を整形して、AVに出演した。

 マスコミでも取り上げられて、
何本かのAVに出演しながらも、AVの仕事が無い日には、
風俗嬢として、店で働いている。

 久々に会うと、季節が冬だったこともあり、
毛皮のコートを羽織って登場!
 さぞ高かったろう?と聞くと、
『安かったよ。100万円しなかったモン』
と、アッケラカンに言う。

 彼女の目は二重になり、Aカップだった胸は、大きくなっている。

 彼女自身は車の免許を持っていないにも関わらず、
『コインパーキングが近くに無くて、友達がウチに遊びに来た時に、
車を置く場所が無いから・・・』

という理由で、
家の近所に駐車スペースを2台も借りているのだと言う。
 月極駐車場は、1台が数万円だ。

 その後、しばらくして彼女は、ストリップ嬢になったらしい。



 以上の事から、今回は、『風俗嬢の金銭感覚(後編)』について書いてみました。

 彼女たちが、体を張って稼いだお金なので、
『悪銭身につかず』とは言いません。
 
 ですが、良くも悪くも、
『持ちつけない金を持つと、人は変わる』というのは言えそうです。

 風俗嬢の中には、借金返済や、目標とする預貯金額を達成して、
サッサと辞める人もいると聞きます。
 
 そういう娘は、普段から学生時代と同じとか、
OL時代と同じような暮らしぶりをして、
節約生活をしているようです。
 元々が派手ではないので、小生たちと接するような、
マスコミの取材などにも、あまり出ないのかもしれません。


 あるサイトで、元風俗嬢の書き込みを見つけました。
 どうやら、これから風俗で働こうと思っている女性への、
アドバイスのようです。

252 名前:200:20XX/XX/XX(水) XX:XX:XX ID:XXXXXXX

学校行きたくて、スグお金がほしいんです
やっぱり大変な仕事ですよね・・・
腹くくって、がんばります
ホントありがとうございます!



>>252
ソープなら、エッチ好きじゃないと絶対続かないと思うよ。
ソープが無理そうなら、ヘルスもあるし、
キャバだってあるし、道は1つじゃない。

ちゃんと目標があって、その為にお金を貯めようとしてるなら、
自分にできる最大限の努力をするのは、いいことだとは思うけど・・・
1つ言っておくと、風俗嬢って、ほとんどの人が貯金できないんだ。


簡単にお金が手に入る事を、
 知ってしまうから・・・


あなたが、そんな風にならないのを祈ってます。
体には気をつけて、無理しない程度に頑張ってね。






風俗には、戻ってくる嬢も少なくない・・・(画像はイメージです)


 以前、JR山手線沿線にある、熟女系の某デリヘルを取材した時の事です。
 見た目も地味な、40代のF子さん。
『この仕事を始めて、どれくらいですか?』

 いつもの取材のように聞くと、
『このお店? まだ、入ったばかりです。
 前もこういう(風俗の)仕事してたけど、
 私、しばらく、離れていたから・・・』

 そう言って、彼女は寂しそうに、視線を床に向けます。
 まるで、映画かVシネマのセリフのようだったのが、
小生には、印象的でした。

 その、『しばらく』の間は、
もしかしたら彼女は、どこにでもあるような、
平凡で幸せな生活を、していたのかもしれないな?
 心の中ではそう思いながら、その事には触れず、
いつもの取材のように、カメラのシャッターを切りました。




 <すすきタルン>





悪銭身につかず
 悪銭・・・悪いことをして手に入れた金。あぶく銭。

「風俗嬢という仕事〜金銭感覚(後編)〜」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
王様の風俗『ソープランド』へ行こう!〜前編〜 (2011/07/12)
処女だけど風俗嬢になりたい (2013/06/03)
エマの風俗体験記 〜風俗嬢になった理由(ワケ)〜 (2011/07/04)




以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する


















 ライブチャット 素人  チャットレディで高収入  無修正  アダルトアフィリエイト

このブログを通報 | Report Abuse
出会い系サイトのモバイル