性と愛の研究室 - きゃらめる民族 -

~リア充を目指すサイトです。~

おすすめの記事

FeedWind

女の子の秘密の部分〜膣に関する真面目な話〜



閲覧者諸氏の中には女性経験豊富な強者【つわもの】から、女性自身までがいると思う。
しかし、『膣』については意外に知らない人も多いようだ。
そこで今回は『膣』について、改めて勉強をしていこう。

●膣はなんのためにあるの?
膣の一番の存在理由といえば、やはり“赤ん坊を産む際の通り道”だろう。
続いては胎児を育てる場所である子宮から出る排泄物を、“月経”として体外に出すこと。
そして、最後が男性にとって嬉しいチ〇コを迎え入れるという役割だ。
――以上、その役割のすべてが繁殖に関するものだ。
まさに膣とは『生殖器』と呼ぶにふさわしい器官である。









●18歳未満の女性はSEX&タンポン使用NG
昭和の初期ぐらいまでは「月経が始まれば一人前」とされ、嫁に行くことが普通だった。
しかし、現在では月経が始まったばかりでは、「膣は成熟していない」と言われている。
膣は成長と共にヒダや筋肉が発達し、分泌液の出も良くなっていく。
したがって、未成熟なうちに性交渉を持っても気持ち良くないどころか、膣を傷付ける可能性も高い。
だから、意外に若いうちにロスト・ヴァージンした女性が、最初の経験を引きずって不感症気味になったり、SEX嫌いになったりするわけである。
「できるだけ若いコと付き合いたい」なんて言っている人は、あまりSEXを楽しめない覚悟をした方がいいだろう。




●前戯を忘れずべからず!
成熟した膣のサイズは、平常時で奥行き7〜10センチ、直径3〜5センチだと言われている。
もっとも、普段はペタンとつぶれた状態になっていて、開くためには性的に興奮する必要がある。
だから、いきなりヤろうとすると挿入をはばまれ、「チ〇コが折れた〜!」なんて泣きわめく自体になりかねない。
男性諸氏はくれぐれも前戯を怠らないように!

●どんな大きさでもジャストミート!
成熟した膣は伸縮性も増し、なんと元のサイズの200%以上も伸びるそうだ。
だから、どんな大きさのチ〇コでもジャストサイズで包み込むことができるわけである。
まぁ、出産時には3キロもある赤ん坊が通れるほど、広がるような器官だ。
せいぜい数センチの差しかないチ〇コの大きさにこだわるなんて、バカバカしい……かもしれない?

文/月夜

「女の子の秘密の部分〜膣に関する真面目な話〜」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
勃起のメカニズムとコントロール法 (2012/02/19)
マ○コ進化系! 幼女の桜貝、使い心地抜群の赤貝、最終形態はアワビ!!  (2013/03/05)
【自画像付】いろいろなおちんちん (2012/08/31)




以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する


















 ライブチャット 素人  チャットレディで高収入  無修正  アダルトアフィリエイト

このブログを通報 | Report Abuse
出会い系サイトのモバイル