性と愛の研究室 - きゃらめる民族 -

~リア充を目指すサイトです。~

おすすめの記事

FeedWind

真面目なSEX研究! キンゼイレポートによるチ〇コの話



●1万8500人を対象にしたセックスレポート
皆さんは『キンゼイレポート』というものをご存じだろうか?
これは、アメリカにあるインディアナ大学の助教授であったアルフレッド・キンゼイ氏が、学生たちの性の相談に乗るうちに、「SEXについて研究する必要がある」と思い立ち、開始した一大プロジェクトである。
それまで、ほとんど研究がなされていなかった分野に足を踏み入れた彼は、アメリカに住む男女約1万8500人という膨大な人数に対して調査を実施した。
そして、その結果をまとめたのが『キンゼイ・レポート』なのである。
日本では今いち馴染みが薄いが、本国アメリカでは2004年に彼の業績を元にした『愛についてのキンゼイ・レポート』という映画が作られたほど有名なのだ。









●ペニスは左曲がりが7割!
その『キンゼイレポート』で発表された研究のひとつに、「普段、チ〇コは左右どちらを向いているか」というものがある。
その結果は、なんでも7:3で左曲がりが多いのだとか。
ちなみに、子供のうちは前、または、まっすぐ下に垂れていて、大人になるとほぼ確実に左右のどちらかに傾いてくるそうだ。
さて、アナタのイチモツはどちらを向いているだろうか?
願わくば「前」なんて悲しい答えではありませんように…。



●性犯罪者のチ〇コは小さいor大きい?
キンゼイレポートでは「性犯罪者とペニスの関係」という研究もされている。
この調査の結果、性犯罪者のペニスが勃起した際の大きさは、“16〜16.5センチ”であることがわかった。
キンゼイレポートではアメリカ人男性の平均チン長は19.5センチとされ、「性犯罪者のペニスは小さい」と結論が出された。
しかし、その後、コンドームメーカーが401人を対象に測定をしたところ、一番多かったのが14〜15センチの39%であり、18センチ以上あった男性はわずか5%に過ぎなかったそうだ。
さて、この2つの結果を前にした際、ヒアリング中心のキンゼイレポートより、実際に測定を行ったコンドームメーカーの発表のほうが、はるかに真実味がある。
したがって、“性犯罪者のペニスは一般人よりも、やや大きい”という結論になるだろう。
だから、チ〇コが大きい人も小さい人も安心して欲しい。

文/月夜
「真面目なSEX研究! キンゼイレポートによるチ〇コの話」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
チ〇コのデカさと関係があるのは×××!? 研究結果大発表! (2012/02/03)
大きいことはいいことだ〜! 年末巨根スペシャル (2011/12/29)
最近海外で話題になってる唇を厚くする整形 (2014/06/21)




以下読者のみなさまの反応
  1. 1060:
  2. 匿名希望でごめんね。
  3. 2012/01/20(金) 08:28:05 |
  4. URL |
  5. [ 編集]

ち◯この大きさってどこから測ったんだよ?根元からなのか?
はっきりしないと寝むれない。

  1. 1068:
  2. 匿名希望でごめんね。
  3. 2012/01/22(日) 17:54:26 |
  4. URL |
  5. [ 編集]

キンゼイレポートなんて、
何十年前の話してるんだよ。

コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する


















 ライブチャット 素人  チャットレディで高収入  無修正  アダルトアフィリエイト

このブログを通報 | Report Abuse
出会い系サイトのモバイル