性と愛の研究室 - きゃらめる民族 -

~リア充を目指すサイトです。~

おすすめの記事

FeedWind

春のパンツ祭り第3弾! パンティの歴史〜前編〜



以前、筆者は『思わずドキッ!? パンティやブラジャーのルーツに迫る!』という記事で、「パンツの起源は古代ギリシャ時代。スポーツ競技などの際に局部を守るために着用されるようになった」と書いた。
しかし、改めてパンツの歴史について調べてみたところ、さらに古い時代から存在していたことがわかった。
まずは筆者の見識不足をお詫びする。
そして、今回は新たなパンツの起源をご紹介しよう!

●パンティの起源は紀元前3000年の古代シュメール文明時代!
『下着の事典』(発行:ワコール)によると、紀元前3000年のメソポタミアの古代シュメール文明時代には、すでにパンティがあったらしい。
前回の記事では「古代オリンピックが発祥」と書いたので、なんと、その2000年以上も前からパンツが存在したことになる。
その歴史の古さに改めて驚かされた。



その証拠となるのがルーブル博物館に収蔵されているテラコッタ像とレリーフだ。
これらにはおっぱい丸出しで、下半身のみに衣服を身に付けた2人の女性が描かれていた。
そのうちの1人が身に付けているものこそが、パンティだとされている。
このパンティは羊の皮で作られおり、詰め物をしたベルトがウエストに結ばれていたそうだ。
蛇足ながら、もう1人が身に付けていたのは、巻きスカートのような『ロイン・クロス』と呼ばれる下着だった。
実は先述の女性がはいていたパンティは、このロイン・クロスを加工したものだと言われている。
おそらく、ロイン・クロスが太ももに巻き付き邪魔だったため、端を固定しただろうと考えられている。









●ギリシャ神話に登場する神や人は全員下着姿だった!?
さて、時代は下って紀元前2000年頃。
アッシリアとバビロニアでは、女性と身分の高い男性は『チュニック』と呼ばれる服を着用していた。
『チュニック』と言われてもピンとこないかもしれないが、ようするにギリシャ神話の神々が着ていたような、ダボッとしたワンピース風の衣装のことだ。
余談ながら、このチュニックそのものを『下着』と定義することもある。
つまり、ギリシャ神話に登場する神や人は、全員が下着姿だったというわけだ!
そう思って映画などを見直すと、いっそう楽しむことができるだろう。



●パンティは奴隷の衣服だった! これはこれで興奮できる…かも?
さて、話を戻して。
このチュニックに男性はロイン・クロスかアンダースカートを合わせ、女性はもう1枚チュニックを重ねて身に着けていた。
やがて、女性が下に着ていたチュニックは、『シュミーズ』へと発展していったとされる。
ちなみに、同時期のエジプトの奴隷は全裸か、それに近い姿でいた。
こうした奴隷たちが唯一、身に付けていたものこそが、『パンティ』の原形だったとされる。
つまり、この当時のパンティは奴隷の衣服だったわけである。
当然、上流階級の人間が身に着けるわけがない。
そのため、当時の上流階級では男も女もノーパンが当たり前だったのだ。
最近、話題になった『テルマエ・ロマエ』に登場する人々もすべてノーパンだったかと思うと、妙に感慨深いものを覚えるのは筆者だけだろうか?

文/月夜
「春のパンツ祭り第3弾! パンティの歴史〜前編〜」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
安くて設備充実! ラブホテルへ行こう!  (2011/07/28)
すぐ実践できる!?4つのバレンタイン・チョコプレイ (2012/02/13)
世界中の男たちが大興奮! エロいスポーツ3連発! (2012/10/11)




以下読者のみなさまの反応
  1. 1495:
  2. 匿名希望でごめんね。
  3. 2013/03/28(木) 22:03:17 |
  4. URL |
  5. [ 編集]

ノーパンでいきたいね

コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する


















 ライブチャット 素人  チャットレディで高収入  無修正  アダルトアフィリエイト

このブログを通報 | Report Abuse
出会い系サイトのモバイル