性と愛の研究室 - きゃらめる民族 -

~リア充を目指すサイトです。~

おすすめの記事

FeedWind

リボ払いは本当に便利か?!〜後編〜




 前回は、『リボ払いは本当に便利か?!〜前編〜』でした。

 カード会社によっては、
専用のカードも発行している『リボ払い』という支払い方法。

 本当に便利なもの?
 それとも、カード会社の甘い罠?

 そこで今回は、
『リボ払いは本当に便利か?!〜後編〜』です。










【リボ払いで地獄を見た?!】




50万円の買い物に75万円の利息と手数料が・・・合計125万円?!


 前回の記事、『リボ払いは本当に便利か?!〜前編〜』では、
『金利と買い物する金額が同一』という条件であれば、
6回払いまでは、リボ払いよりも、分割払いの方が安い!という事だった。

 
 小生の知人で、アラフォーのバツ熟女がいる。
 
 彼女が人妻だった頃からの知り合いだが、数年前に離婚した。

 昼間、普通にOLの仕事をしているのだが、
離婚後のストレスからか、
浪費的な買い物に、歯止めが効かないようだ。

 先日も、
『へへっ、コレ買っちゃった』
 と、ブランド品の財布を見せてくれた。

『お金無いって、言ってましたよね?』
と言うと、
『へへっ、魔法のカード!』
とクレカを見せてくれた。

 他人事ながら、少し心配になってくる。


 高校生の息子からも、こう言われたそうだ。
『お母さん、魔法のカードなんて、
そんな便利なカード、あるわけないじゃん!』

 どうやら彼女よりも、高校生の息子さんの方が、
世の中を分かっているようだ。

 彼女がリボ払いを利用しているかどうかは分からないが、
過去には、こんなトラブルのケースがあった。





支払総額や返済回数を、分かりやすく明示していたのはイオン


・ケース3・・・12年間払っても終わらない?!

 大手クレジット会社と加盟店契約を結ぶ、百貨店のカードを利用した女性Aさん(54)。
 リボルビング払い(リボ払い)契約で、
50万円の買い物をしたところ、
約24年間で、125万円以上を支払わなければならない状態に陥った。

 リボ払いは、借金漬けを生みやすいという批判があり、
消費者金融大手は、返済期限を5年以内とする自主規制を始めた。
 だが、クレジット業界では、ほとんど対策が講じられていない。

 Aさんは、1人暮らし。
 22年前、デパート勤務の親族に頼まれ、カードを作った。

 当初の利用限度額は、30万円で、
毎月の支払額のコースから、5千円を選んだ。
 途中で、限度額が50万円に上がった。
 洋服などを購入し、12年前、限度額に達したため、カードの利用をやめた。

 その後、Aさんの銀行口座からは、
自動引落としで、毎月5千円が、クレジット会社に支払われ続けた。
 ところが、Aさんが会社をリストラされたことをきっかけに、
請求書を改めて見ると、12年間で約70万円払ったのに、
元本は10万円も減っていなかったという。

 その返済のほとんどが、手数料(元本の年約10%)に回されていたのだ。
『いつまで払えばいいのか?』
 Aさんからの問い合わせに、クレジット会社は電話で、
『契約の変更はできません。
残金を一括で払うか、これまで通り月5千円を支払うしか、ありません』
と回答したという。

 そこで、Aさんは弁護士に相談した。

 支払総額を試算すると、50万円を完済するには、
あと12年間払い続け、合計約125万円超を、
支払わなければならない!と分かった。
 
 実に、手数料の総額は75万円!、
これは、当初にAさんが買い物した50万円の、1.5倍である。

 クレジット会社と百貨店は、契約の時、
支払総額や返済回数を、Aさんに示していなかった。
Aさんは、
『こんなに長い期間、払わなくてはいけないなんて、全く知らなかった』
と、事実を知って驚いたという。

 大手新聞社の調べでは、
信販大手5社のうち、
ショッピングでリボ払いをする利用者に対し、
支払総額や返済回数を明示しているのは、数社しかなかったという。

 Aさんの相談を受けた弁護士は、
『50万円の買い物に、75万円もの手数料がかかる契約は、常識外れ!
 消費者が支払い計画を理解しにくい、リボ払いそのものに問題がある』

と指摘した。


 ちなみに、小生も調べたところ、
ショッピングのリボ払いについて、
支払総額や返済回数を、分かりやすく明示していたのは、『イオン』だった。

 他にもあるかもしれないが、多くの信販会社は、月々の支払い金額の説明のみが目立った。 


【分割払いで携帯を買ったら・・・】




どうしよう?・・・今月の携帯代、払えない


 前回の記事、
前回の記事、『リボ払いは本当に便利か?!〜前編〜』を見ると、
若者のクレカ保有率は80%と、他の年代の90%に比べて低いようだ。
 だが、若者がクレカを保有していない!といって安心はできない。

 ネット上で、こんな記事をみつけた。
『スマホ買い替えで増える、借金地獄の若者たち』
(上記の記事では『分割払い』『リボ払い』を混同しているよにも思えるが、
滞納による信用情報のブラックリスト入り!という点では、どちらも同じである。
 また、一般的に、携帯端末の多くは、1〜2年程度の『分割払い』で販売されているらしい。)



・ケース4・・・携帯代の滞納で
 ブラックリストになる若者たち?!


 上記の記事によると、クレカを持たない若者でも、
安易に携帯やスマホを買い替えるため、
『リボ地獄』にハマッているというのだ。

 これは、携帯各社が編み出した、
『端末代金の、分割払い契約制度』によるものだという。

 多くの人が持っている携帯やスマホだが、
かつて、『端末をタダにして、通信料金で儲ける』というビジネスモデルが、
国の指導によって廃止された。
 
 今では携帯やスマホの本体の値段(端末代金)は、高価である。

 このことから買い替えを促進するため、携帯各社から、
『端末代金の、分割払い契約制度』というものが編み出された。
 例えば、携帯ショップなどの店頭で、『実質一括〜円』というポップを、見かけた人も多いだろう。

 以下は、専門家の説明。
『高額なスマホの場合、2年間の継続利用などを条件に、
月々の利用料を割引することで、
端末代を、実質的に安く抑えることができます』
(通信業関係者)

 携帯を買い替える人の3台に1台が、こうした分割払いを利用しているという。
 その支払い情報は、指定の信用情報機関に登録される。

『(こうした)分割払いを利用しているのは10代、20代の若年層が多い。
 契約を結んでいるという意識が希薄なため、
安易に(解約したり)滞納して、ブラックリスト入りするケースも、少なくない。
 また、人気の端末(iPhone)など、スマホへの買い替えにより、
毎月の登録数が200万件という、凄まじい勢いで増え続けている』

(消費者問題に詳しいジャーナリスト)

 
 つまり、『分割払い』という意識が低い若者を、狙っているらしい。
 彼らがクレカを持っていなくても、
個人の信用情報は、指定の信用情報機関に登録され、
管理されているのだ。

 信用情報機関によると、
携帯代金(通話通信料や端末代金)を3カ月以上延滞したことによる
『異動情報(事故情報)』の件数が、1年前の6倍にも増加しているという。
 
 こうした背景には、スマートフォンの普及による、
端末代金や通信料金の高額があるようだ。

 月々数千円〜1万円程度の支払いの延滞で、個人の信用情報に傷がつくのだ。

 専門家によると、
『信用情報に傷がつくリスクの大きさを、多くの若者は(正しく)理解していない』
という。

 別の専門家は、
『彼らが、現在は親と同居だとしても、将来は実家から独立したり、
結婚して別居するケースもあるでしょう。
 その際、例えば大手の賃貸物件を借りる場合は、信用情報をチェックされます。
 他にも、仕事の取引先との関係で、
新たにクレカを申込んで、取得しなければならないケースがあるかもしれません。
 住宅をローンで購入する際にも、こうした信用情報は、必ずチェックされます』

という。

 日本では、米国等に比べると、クレジットスコアが厳しくなく、
必ずしも、『携帯代を滞納したから、部屋を借りる事が出来ない』とか、
『携帯代を滞納したから、将来、家を買う事が出来ない』というわけではない。
 だが、こうした滞納により、個人の信用情報に傷がつくことは、
若者たちにとって、近い将来、
マイナスではあっても、プラスになることはないはずだ。



 以上の事から、今回は、
『リボ払いは本当に便利か?!〜後編〜』でした。


 50万円の買い物で、
75万円の利息と手数料を払わなければならないケースは、怖いですね。

 また、契約意識の低さから、安易に携帯代金を滞納して、
ブラックリスト入りする若者たちにも、驚きました。

 特に、毎月の利用料金と共に、
購入した機種代金を分割払いにしているケースでは、注意が必要なようです。


 某巨大掲示板にも、

12 名前:名無しさん@12周年 投稿日:2012/00/00(X) 15:03:XX.XX ID:XXXXXXX
 割賦契約で滞納はアウト!
 クレカ料金払わないのと同じ


 という書き込みがありました。
 

 現代社会を生き抜くには、学校で学ばない知識も、必要なようです。

 これから年末にかけては、いつもより、クレカを使用する機会が増える人も・・・。

 もちろん、中にはカード嫌いで、『いつもニコニコ現金払い!』
という人も、いると思いますが・・・。
 それも、ひとつの自衛手段かもしれません。


 そういえば以前、『無知は罪』という言葉を、
どこかで誰かから聞いた事を、思い出しました。



 <すすきタルン>




「リボ払いは本当に便利か?!〜後編〜」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
彼女に「おしっこ見せて」、って言った時の9つ反応 (2012/06/19)
64%が横向き?寝姿診断 (2012/07/30)
昼寝は10分が効果的?!〜前編〜 (2012/08/13)




以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する


















 ライブチャット 素人  チャットレディで高収入  無修正  アダルトアフィリエイト

このブログを通報 | Report Abuse
出会い系サイトのモバイル